扁桃腺手術に踏み切った芸能人のブログ

人気アイドルグループのももクロ有安杏果さんは扁桃腺摘出手術を受けています。
2015年12月7日付のブログで明らかにされており、4年の10月以降に扁桃炎が慢性化したために手術に踏み切りました。
担当している医師によると扁桃炎を年4回以上起こすような人は手術も考える必要が出てくるのだそうです。
それほど頻繁に扁桃炎が起こっていなければ手術をするほどではなく薬などで治すことができますが、かなり頻繁に起こるような場合は手術をした方が良く、その点有安杏果さんはかなり扁桃炎が慢性化しやすい状態になっていたので手術に踏み切ることにしたのです。

入院は一週間程度で術後数日間は痛みが続いたという点を明らかにしています。
このまま大好きな歌が歌えなくなったら嫌だということで常に不安に駆られていた有安さんは扁桃腺摘出手術に踏み切り、そして手術後に初めて出演した生放送番組で歌声を披露しその喜び綴っています。
まだ違和感を若干感じつつも、これに慣れてくれば喉が開いて大きな声で歌が歌えるというようなことを書いています。

喉の周りには扁桃腺と呼ばれる器官があり、口蓋扁桃や咽頭扁桃や舌根扁桃、耳管扁桃などがあり、鼻や口から細菌が気管や肺へ侵入していくのを防ぐ働きがあるのですが、抵抗力などが弱ってきた場合それが腫れてしまい、痛みや発熱などにつながってしまうことがあるのです。
その扁桃炎が繰り返されてしまうと重大な病気につながってしまうようなこともあり、原因菌になりやすい溶血性連鎖球菌によって肝炎やリウマチ熱などを引き起こしてしまう場合などは、扁桃腺を摘出しないと病気が治らない状態になってしまうということがいえます。
他の病気に対する影響がとても大きく出てしまうので手術がした方が良いと考える医者はたくさんいます。
当然手術であるため、手術後の出血や感染味覚障害などを引き起こしてしまう場合もよくあるので、そういったことに対する不安も有安さんはありました。

他の扁桃腺手術をした女優は?

他にも扁桃炎に悩み扁桃腺の病気に悩み手術をした女優さんなどはかなりたくさんいらっしゃいます。
最近で言えば、荒木未歩さんなども手術を受けたということをブログで書いていて、しばらく入院をしながらその手術に挑む様子はブログなどで克明にされているので参考になるでしょう。
荒木未歩さんもももクロの有安杏果さんと同じように慢性の扁桃炎に悩んでいたということがいえます。

扁桃腺体験記と記し手術前後の様子を詳しく説明しレビューして以来扁桃炎がひどくなってしまい、月に1度40度以上の高熱に悩まされていたそうです。
3、4回扁桃炎にかかり、入院も3度繰り返して手術をすることに踏み切りました。
しかし手術はやはり荒木未歩さんも大変だったようで、すぐに水を飲んだりもできませんし舌の痛みなどに悩まされたこともあったという記述があります。
人によって痛みは個人差があり荒木さんに関してはそれほどの激痛ではなかったということを述べています。
5日もすれば次第に治ってきて喉の痛みの種類もかさぶたが剥がれたことによる咳や痛みがあるだけで心配するほどでなくなり、6日で退院し10日も経てば痛みもほぼなくなりでづらかった声も出るようになったということが記されています。

このような有名人や芸能人の方のブログを読んでその経過を追いながらシミュレーションを立ててみれば良いでしょう。
悩んでいるのは決してあなただけではなく、多くの芸能人の方や、声を仕事にしている人たちも悩まされている病気なのです。
全身麻酔手術など怖いこともありますが、そういったブログを読んで勇気を身につけ慢性化しているような場合は手術に踏み切ることも考えてみると良いかもしれません。