扁桃腺の炎症を防ぐには免疫力を高める

扁桃炎を予防するために最も重要なのがうがいをするということです。
寒い時期になると外から帰ってきてすぐにうがいをしているという人は多いでしょう。
しかし、正しいやり方を知っておかないと効果が半減してしまうこともあるので注意が必要です。

なぜうがいは扁桃炎の予防に効果があるのかチェックしておきましょう。
人間の喉から肺にかけての気道にあるせん毛には、外部から侵入してきたウイルスや細菌などの異物が粘膜に付着するのを防ぐという役割があります。
しかし、このせん毛が感想すると働きが鈍くなるため、ウイルスや細菌に感染しやすくなってしまうということです。
うがいをすると喉の感想を防ぐことができますし、せん毛の働きを高めることで扁桃炎のリスクを軽減できるという仕組みです。

うがいをする時は先に手を洗っておくことが大切です。
特に水道から手のひらに溜めた水を口に含んでうがいをしている場合は注意しましょう。
手にはさまざまなウイルスや細菌が付着しているため、それが口の中に入ってしまうことになります。
先にしっかりと手を洗い、ウイルスや細菌を落としてからうがいをしましょう。
扁桃炎を予防するためにはうがいのタイミングも重要です。
外出から帰ってきた時はもちろんですが、掃除の後に口の中が感想していると感じた時などにも積極的に行うのがおすすめです。

うがいの際にはうがい薬を使った方が効果が高いのではないかと考えている人もいるでしょう。
しかし、実はうがい薬より水を使った方が扁桃炎の予防に効果的であると言われています。
その理由についてはまだよく分かっていませんが、うがい薬を使用するともともと存在する常在菌まで殺菌してしまうためではないかと考えられています。

扁桃炎の予防を目的として毎日うがいをする場合、水だけで十分であると言えます。
無理にうがい薬を使う必要はないと知っておきましょう。
しかし、喉が痛む時などはうがい薬を使っても良いかもしれません。

生活習慣を見直して扁桃炎を予防する

扁桃炎を予防するためにはまず、栄養バランスの取れた食事を心がけることがポイントです。
きちんと栄養を摂取することにより、免疫力の低下を防ぐことができます。
扁桃炎の予防に効果的とされているのはビタミン類です。

ビタミンAは喉の粘膜を強化する働きがありますし、ビタミンCは免疫を高めると言われているのできちんと摂取しましょう。
ビタミンCが豊富に含まれるものとしては柑橘類が挙げられます。
柑橘類の中でもみかんは身近な果実ですし、1日に3つ食べるだけで必要なビタミンCをきちんと摂取できると言われています。
また、ビタミンCには強力な抗酸化力があるため、活性酸素を除去して老化を遅らせる作用もあるということです。

インスタント食品やファストフードばかり食べていると栄養バランスが崩れてしまいますし、扁桃炎にかかりやすくなります。
高タンパクで低脂肪のメニューを用意し、1日3食しっかり食べるようにしましょう。
ビタミンなどの栄養素は基本的には食事で摂取すべきですが、摂り入れるのが難しい場合はサプリメントを利用する方法もあります。

朝起きたら喉が痛いという経験のある人もいるでしょう。
そのような人におすすめなグッズがあります。
睡眠時に口呼吸をしていると喉が感想しやすくなり、扁桃炎のリスクが高まるので注意しましょう。
口呼吸を防ぐために鼻呼吸テープというグッズが販売されており、これを使えば物理的に口呼吸を防止することができます。

睡眠不足は疲労が蓄積しやすくなりますし、扁桃炎などの病気にかかりやすくなります。
翌日に疲れを残さないようにしたいという場合、毎日6~7時間の睡眠時間をキープすることが大切です。
また、ウォーキングや筋トレといった適度な運動も体力と免疫力を高めるために欠かせません。