扁桃炎を繰り返すのは免疫力の低下が原因かもしれない

食べ物と空気の通り道となっているのが喉ですが、それらと同時に細菌が体内に侵入する時の通り道ともなっています。
細菌などの異物を排除するために備わっているのが扁桃腺です。
この扁桃腺が炎症を起こしている状態を「扁桃炎」といいます。

扁桃炎の原因としては、口内の常在菌が大きく影響しています。
主な症状は喉の痛みや違和感、発熱等が挙げられます。
早いうちに適切な治療を行うことで症状を抑える事が出来ますが、そのままにしていると扁桃炎から扁桃腺の周囲に膿が溜まる扁桃周囲膿瘍になり、手術をしなければならなくなる可能性があるため、注意が必要です。

扁桃炎の原因となる口内の常在菌は免疫力が正常であれば悪さをするというものではありませんが、免疫力が低下している状態では、病原菌の感染力が上回り症状が見られるようになります。
免疫力は、疲労やストレス、寝不足などにより低下することが知られています。
さらに、季節の変わり目や寒暖差が大きいなど季節によっても低下することが考えられているようです。
特に小さな子供は大人に比べて免疫機能が未発達であるため、扁桃炎にかかりやすい傾向があります。

扁桃炎が疑われる場合には、早めに医療機関を受診することをおすすめします。
原因によって治療方法は異なりますが、炎症を抑えるための抗生剤の内服薬や点滴などが行われることが多いでしょう。
高熱があるという場合には、解熱剤が処方されることもあります。
いずれにしても、症状にあわせて適切な治療を受けることで早期回復を見込むことが出来ます。

ただし、一度治っても疲労やストレス、睡眠不足の状態が変わらなければ再発してしまう可能性があります。
症状が重い、再発を繰り返すという場合には、内服薬などでの治療ではなく外科的治療によって扁桃腺を切除するという方法が提案されることもあり、扁桃腺を取り除くことによって、扁桃炎になるというリスクを負わずに済むというメリットがあります。

扁桃炎を防ぎ、免疫力を高めるためのポイント

扁桃炎を繰り返さないコツはいくつかあります。
最も大切なことは免疫力を低下させないようにするということでしょう。
疲労やストレスが溜まっているという自覚があるようであれば、出来る限り解消することが出来るように心掛けるようにしましょう。

次に、こまめに水分補給をするようにします。
この時、冷たい水を飲んでしまうと、体温が下がってしまいますので、温かいお湯か常温の水をおすすめします。
水分補給をする時には、一度に大量に飲むのではなく、こまめに飲む事がポイントです。

また、体温が下がると免疫力が低下すると言われていますので、体温は下げないようにしましょう。
薄着は避け、暖かい格好をしたり、体を動かす事を心掛けることが重要です。
昔から首のつく場所を温めると体温が上がると言われていますが、喉に近い首を温めるようにすると、より効果を期待することが出来ます。

様々な対策をしても、症状が繰り返されるという場合には、手術で扁桃腺を扁桃を取り除くという方法があります。
扁桃は免疫を司る重要な器官です。
無闇矢鱈に切除するということは推奨されるわけではありませんし、手術をすることにより喉の違和感や味覚障害、声の変化などのリスクが生じる可能性も指摘されています。
そこで、手術をする時には、分からないことや不安に関することがあればしっかりと確認をするようにしましょう。

扁桃を手術で取り除いてしまうと免疫力が低下するのではないかと心配する人もいるかも知れませんが、4~5歳以上になると、手術で扁桃を取り除いても取り除かなくても免疫力の差はそれほど多くはないという研究報告もありますので、それほど心配する必要は無いでしょう。