扁桃炎はキスなどでも感染するのか

扁桃炎は、免疫機能が未発達な幼児によく見られる感染症です。
8歳から9歳位までの子どもが特に多く、原因となるウィルスや細菌には様々なものが見られます。
気温差が激しくなる季節の変わり目や疲れている時などは特に発症しやすくなります。

扁桃炎にかかってしまうと、喉の奥の左右両側にある扁桃が腫れて大きくなります。
この部分は正式には口蓋扁桃と呼ばれています。
かなり大きく腫れることが多く、痛みがひどくなったり息苦しくなったりする人も多いです。
食事をしたときにものを飲み込みづらくもなります。

その他の症状としては、高熱が出たり寒気や震え・首のリンパ節の腫れ・体のだるさ・頭痛などがあり、関節痛を伴う人もいます。
熱はかなり高くなる場合もあり、40度近く出ることもあり注意が必要です。
症状を見てわかる通り、風邪の時とよく似ています。
扁桃炎の場合は実際に扁桃腺周りなどを見るとその腫れ具合が分かりやすいです。

扁桃炎をひき起こすのはウィルスや細菌です。
その多くは家で安静にしていれば落ち着いてきます。
ただウイルス性の場合、抗生剤を使って治す必要も出てくるので、喉に腫れなどが見られる時は早めに病院にかかり診断してもらうと良いです。
小さな子どもは苦しむことも多いので、やはり早めの受診が奏功します。

幼児の場合は小児科に診てもらうと良いです。
もちろん耳鼻咽喉科でも診てもらえるので、症状が重かったり続くようであれば、迷わず病院に行くべきです。
水を飲むのもしんどいような時は特に早く診てもらえるように早急に対応します。

一般的に扁桃炎は感染症とみなされ、外部から細菌やウィルスをもらうことで発症すると考えられています。
そのせいでよくキスや飲み物の回し飲みでも感染すると信じられているのが現状です。
実際にキスをした後で扁桃炎を発症したという声もたまに聞こえてきます。
実際に回し飲みやキスをすることで感染することがあるのかは興味深い点です。

キスや回し飲みで扁桃炎はうつらない

急性扁桃炎の原因となるのが、免疫力の低下です。
ストレスや過労・寝不足によって免疫力が低下することで扁桃炎にかかりやすくなります。
免疫力が低下すると体内に潜んでいる細菌が異常に増殖することがあります。
いわゆる常在菌というものでも、増えすぎると体に悪さをするので注意が必要です。

常在菌は扁桃腺付近にももちろんいるため、増殖してその影響で扁桃腺が炎症を起こし腫れあがることもあります。
これが急性扁桃炎が発症する基本的なメカニズムです。

また原因は常在菌だけではありません。
ウィルス感染によっても扁桃炎になる事はあります。
EBウィルスやアデノウイルス・単純ヘルペスウィルス・エンテロウィルス等がウイルス性の扁桃炎をひき起こす主なものです。
いずれもさして強いウィルスではありません。
通常ならば身体の持つ免疫力で排除されてしまいますが、そこに免疫力の低下が加わると発症してしまうことがあります。

では、発症している人とキスをした場合感染するのかは気になるところです。
健康な人であればうつらないのが正常です。
可能性がゼロと言うわけではありませんが、発症している人とキスをしたり、同じコップで回し飲みをして一般的にはもうつらないと言えます。
キスをするとうつってしまうと誤解をしている人は意外と多いです。
免疫力が下がっていない人なら、回し飲みをしても、同じ食べ物を交互に食べたとしてもうつらないです。

キスをしたり回し飲みをした人がたまたま免疫力が下がっていて同じ症状が出る事はあり得ます。
ただ、キスをしたことそのものは無関係なので、感染したというのは誤解です。
よく幼児とキスをしたせいで扁桃炎にかかってしまったと悩む親がいますが、多くの場合は無関係です。
扁桃炎には正しい知識を持って対処する必要があります。